AHA!

Archive for Human Activities

人類の営みのためのアーカイブ

2011.03.17
資料種別 写真
撮影時期 2011.03.17
撮影場所 大槌町役場庁舎(当時)
所蔵 NPO法⼈@リアスNPOサポートセンター
プロジェクト 復興カメラ 今月の一枚
画像の転載はお控えください

2011.03.17

復興カメラ 今月の一枚
Archive

──その写真には何が写っていますか?

古い写真(2011年3月17日)には、地震から間もない庁舎が写っています。
 
まだ何も手が付けられていない状態です。
 
庁舎の壁時計、浸水した後も動いていたことがわかります。
 
手前に少しひらけた場所が見えます。 
 
救助用のヘリが瓦礫を吹き飛ばしながら着陸したと聞きました。
 
雪も写っています。
 
地震のあと、山火事が起きました。
 
消防団の消火活動も追いつかず、数日間、燃え続けました。
 
この日、雪が降ったんです。
 
その雪で、山の火は消えました。

(『復興カメラ 今月の一枚』2020年9月号より一部抜粋)

*本プログラムは、東日本大震災の経験を未来につなげるウェブメディア『Art Support Tohoku-Tokyo 2011→2020』の連載コンテンツのひとつとして制作されています。AHA!は、きき手・編集担当として参加しています。

posted on 2020.09.11