AHA!

Archive for Human Activities

人類の営みのためのアーカイブ

わたしは思い出す

わたしは思い出す

仙台在住のかおりさん(仮名)が綴り続けた育児日記。その再読をきっかけに紡がれた回想の言葉から、あの大地震からの日々を振り返ります。ひとりの女性が語った、30万字超の〈口述の生活史〉。11年間の記録と記憶を“再記録化”する試みです。AHA!の自主出版レーベル第1弾として刊行しました。

特設サイト
https://aha.ne.jp/iremember/

本書のあらすじ
仙台市の沿岸部に暮らすかおりさん(仮名)は、2010年6月11日に第一子を出産しました。彼女はその日から育児日記をつけ始めます。そんな矢先、あの大地震が。彼女はその後も手書きの日記を綴り続けました。1日の終わりに、ひとりだけのダイニングで。言葉を発した日。ぐずって泣き止まない日。留守番を任せた日。地震から10年後。彼女は日記を再読し、語り始めます──。

書誌情報
発行|2023年1月11日
仕様|W110×H160 / 並製 / 832頁
企画|AHA![Archive for Human Activities / 人類の営みのためのアーカイブ]
取材・編集・執筆・構成|松本篤(AHA!)
デザイン|尾中俊介(Calamari Inc.)
編集|阿部恭子、奈良歩、水野雄太(AHA!)
撮影|水野雄太、松本篤
協力|仙台市、せんだい3.11メモリアル交流館(公益財団法人仙台市市民文化事業団)、デザイン・クリエイティブセンター神戸[KIITO]
発行元|remo[NPO法人記録と表現とメディアのための組織]
価格|3,500円(税込)
ISBN978-4-9910760-1-5

2013.09.11

2010.06.17

2010.10.11