サンデー・インタビュアーズ

サンデー・インタビュアーズ

その手がかりは、《日曜日》にある。

何を好み、嫌ったのか。
いつ笑い、泣いたのか。
どのように喜び、傷ついたのか。
わたしはもっと知りたい。
あなたと、あなたが生きた時代を。

サンデー・インタビュアーズとは

私たちは今、どんな時代を生きているのか──。

サンデー・インタビュアーズは、この問いを探求する
“ロスト・ジェネレーション”世代の余暇活動です。

メンバーは月に一度、オンラインで集まり、
「今」という時代と出会い直すひとときを過ごします。

活動の手立てとなるのは、東京・世田谷の各戸から提供された「8ミリフィルム」。
スマホやインスタグラムといったパーソナル・メディアの元祖です。

家族の団らん、レジャー、社員旅行などが写る、昭和のホームムービー。
それらの映像は、現在という時代の価値観をくっきりと浮き彫りにしてくれます。

過去を経由して現在を知る。
そんな愉しみに触れられるこの活動に、あなたもぜひ参加してみませんか。

*本プログラム「サンデー・インタビュアーズ」は、東京は世田谷で収集された昭和のホームムービーを利活用するコミュニティ・アーカイブのプロジェクト「移動する中心|GAYA」の一環として2019年に始動しました。

*ウェブサイト「世田谷クロニクル1936-83」は、世田谷区内で8ミリフィルムを収集しデジタル化するプロジェクト『穴アーカイブ:an-archive』の一環として2019年に制作されました(主催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房、企画制作:remo[NPO法人記録と表現とメディアのための組織])。

*ウェブサイト「世田谷クロニクル1936-83」には、およそ16時間にわたる昭和の世田谷にまつわる8ミリフィルム(84タイトル)が公開されています。

サンデー・インタビュアーズの
3つのステップ

あなた自身がメディア(媒介)となって、オンラインとオフラインをゆるやかにつなげていく3つのステップ。

ひとりで “みる”

ウェブサイト「世田谷クロニクル1936-83」に公開されている84タイトルから1つの映像を選びます。その映像に何が映っているのか、じっくり観ます。

サンデー・インタビュアーズ STEP-1 ひとりで “みる” イメージ
サンデー・インタビュアーズ STEP-2 みんなで “はなす” イメージ

みんなで “はなす”

それぞれの気づきや発見を持ち寄ってワイワイ、ガヤガヤ、オンラインでお話します。自分以外の思いもよらない視点に触れる楽しさが味わえます。

サンデー・インタビュアーズ STEP-2 みんなで “はなす” イメージ

だれかに “きく”

さまざまな気づきや発見をさらに深めるため、誰かにインタビューしたり、図書館や博物館で資料を探してみます。

サンデー・インタビュアーズ STEP-3 だれかに “きく” イメージ

*1つの映像に対して、この3つのステップを実施します。
*オンライン・ワークショップは月1回(約2時間)を予定しています。
*スケジュールの詳細は「サンデー・インタビュアーズに参加するには」の募集要項をご覧ください。
*内容は変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

サンデー・インタビュアーズに
参加するには

あなたもサンデー・インタビュアーズの活動に参加してみませんか。
下記いずれかのオンライン説明会(要事前申込)にご参加のうえ、ご応募ください。
くわしくは募集要項をご覧ください。

オンライン説明会

日程A
2021年7月9日(金)19:00–20:00
日程B
2021年7月11日(日)10:00–11:00
申込方法
以下の[説明会に申し込む]をご記入ください
申込期限
いずれも2021年7月8日(木)23:59まで

お知らせ

Q&A

Q

サンデー・インタビュアーズには、どんな人が応募できますか?

A

応募の対象としているのはロスト・ジェネレーションの世代の方です。その理由のひとつは、昭和30-50年代に普及した8ミリフィルムというメディアを、カメラのファインダーを覗き込んでいた撮影者の世代の観点からではなく、ファインダーの先にいた被写体の世代の視点から捉え直そうとするところにあります。もうひとつは、当時、8ミリフィルムで記録を残そうとした人の動機の多くが「子どもの成長記録」であり、その年齢層が今のロスト・ジェネレーション(38-50歳ごろ)に重なると考えているところにあります。

Q

活動はいつ行いますか?

A

月に一度のワークショップ(オンライン)は「日曜日」に行います。余暇の時間をつかった自発的な活動を、「日曜大工」や「日曜画家」と呼ぶことがあります。サンデー・インタビュアーズは、私たちが生きる時代を知るための、ひとつの余暇の過ごし方です。具体的な実施スケジュールは、「サンデー・インタビュアーズに参加するには」の募集要項をご確認ください。

Q

「移動する中心|GAYA」とはなんですか?

A

2015年から世田谷区内で収集し、デジタル化してきた16時間分のホームムービー「世田谷クロニクル1936-83」を生活文化資料として活用し、その時代を生きた人々のオーラル・ヒストリーをアーカイブするプロジェクトです。家の押入れに眠っていた8ミリフィルムには、昭和の世田谷の暮らしや街並みが、市井の人々の視点から記録されていました。映像の再生をきっかけに紡がれた個々の語りを拾い上げ、プロジェクトを共に動かす担い手づくりを目指しています。サンデー・インタビュアーズは「移動する中心|GAYA」の一環として行われています。

Q

企画や運営をしているのは誰ですか?

A

“文房具としての映像”という考え方を軸に、映像を用いたさまざまな場づくりを展開するremo[NPO法人記録と表現とメディアのための組織]が企画運営を担っています。remoのひとつの事業である「AHA!」というアーカイブプロジェクトのノウハウや知見を活かして取り組んでいます。

Q

この活動はどんなことを目指しているのでしょうか?

A

誰かの「記録」を通して、自らの視点を形作っていく。サンデー・インタビュアーズが目指しているのは、その愉しみを分かち合う仲間をひとりでも増やすことです。自分ではない誰かの「記録」を通して、今を知る。自分自身が媒介(メディア)となって、過去と現在、異なる場所をつなぐ経験を分かち合う。サンデー・インタビュアーズは、人がメディアとして活性化することを目指しています。

Q

わからないことや心配なことは、どこに問い合わせたらよいですか?

A

AHA!までメール()にてお問い合わせください。個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内のみに使用します。